株式会社 ジャパンロータリートランペットセンター
[略称  JRTC]

ロータリートランペットを中心としたトランペット、金管楽器
輸入取扱いWEB専門店
Since 2004-09-01

Home ご挨拶 ご利用案内 イベント情報 ショッピングカート お見積り E-mail 法人のお客様 サイトマップ

Products menu
ロータリートランペット
Cerveny
Egger
R.Kühn
Lechner
Schagerl
Singer-Serie(Eibl)
Votruba
Weber
Willenberg
特別注文
ナチュラルトランペット
Amati
Egger
マウスピース
Ankerl
Breslmair
Egger
Lechner
Schagerl
Schantl
W.Chr.Schmidt
ケース・ギグバッグ
BrassBags
Galax
Klawus
Lechner
Marcus Bonna
Protec
Schagerl
ミュート
Chemnitzer
Egger
Proline
J.Voigt
オイル&付属品
JRTC
Lechner
Reka
Schagerl
Schantl
Verse
CD&DVD
Trumpet Solo
Ensemble
Pro Brass
DVD
楽書&楽譜
専門書
Etude
Solo
Ensemble
中古情報
中古楽器
アンティーク


Schantl   一体型   Gモデル   Adapter  

F.Schantl
 
 ウィーン交響楽団トランペット奏者K.Steiningerと2000年より共同開発しており、日本にはまだなじみの少ないマウスピースメーカーです。ウィーンタイプのロータリートランペットとの相性が非常に良く、最近ではウィーン・フィルの首席トランペット奏者H.P.Schuh氏やAmbros氏などが新たに新しいモデルの開発に携わり、使用しています。また、最近ではH.Gansch氏も使用しています。(2006年12月来日時)

 F.Schantl氏は研究意欲旺盛で常に新しい改良を求め研究中。これから新たにロータリーピッコロトランペット用のマウスピースなども開発している今後楽しみなマウスピースメーカーです。

 また、Schantlリングと呼ばれるマウスピースアダプターは実際にSchantl氏が楽器を吹いた経験とオーケストラ奏者と要望から生まれたもので今までのマウスピースリングとは一味違った魅力があります。

 2008年からはWeberに設計図を譲渡し、現在はSchantl氏の設計・製作工具をそのまま譲り受け、Weberが引き継いで製作をしている。
Weberは2種類のリムをさらに増やす意向。
2本のフリューゲルホルンを同時に演奏するF.Schantl氏オーストリアでも非常にめずらしい。また、実際に一人でDuetを演奏しているのを目の当たりにすると驚きます。写真でしか紹介できないのが残念!
店長と息子のJ.Schantl氏


個人情報の取り扱いについて   特定商取引法に関する表示
 
Copyright(C) 2009-2017 株式会社 ジャパンロータリートランペットセンター All Rights Reserved.